インプラントとは治療の流れ料金表院長紹介院長ブログ診療時間アクセスお問合せ・ご相談
インプラントとは
歯科関係者の方へ
インプラントとは 歯を抜けたままにしておくと インプラント、ブリッジ、入れ歯の比較 インプラント治療の流れ インプラント手術の痛み・麻酔について インプラントのデメリット 歯科用CT 医院・医師選びについて 特殊なインプラント治療 当院のインプラント治療の特長 よくある質問 インプラント料金表 診療時間アクセス 院長ブログ 吉野歯科医院 -オフィシャルサイト-

埼玉CT歯周病インプラントセンター 埼玉県川口市 吉野歯科医院 歯の豆知識

インプラント・スピード矯正について


インプラント・スピード矯正について

  • インプラント治療において骨を作った場合、術後腫れやすくなります。とくに、3日後が最も腫れやすくなり、縫合した部分が開く可能性があります。その時には、開いた部分にPRGF(患者さまの血液中に含まれる治癒を促進する成分)を入れる処置をすることがあります。
  • 治療後に、内出血によるあざが顔にできる場合がありますが、通常は1週間ほどで消えます。また上顎に骨を作った場合、鼻血が出る場合があります。出血などが止まらない場合には、ご連絡ください。
  • 術後の経過観察と、クリーニングが非常に重要です。少なくとも翌日の消毒、3日後、1週間後、2週間後にクリーニングをさせていただいております。その際縫合しているナイロンによる、舌の痛みなどがあれば御申しつけください。
  • 歯肉の移植を行った場合、上顎からの出血、また、移植した部分の痛みやしみるような感じがすることがあります。
  • 矯正用インプラント(SMAP)を埋入し、それを支えとして歯を牽引することによって、歯の移動を早くするができます。また、歯槽骨に溝を入れること(Wilko)によって、歯の移動を通常の半分程度の期間でできます。
  • 喫煙によりインプラントの失敗のリスクが高くなることは証明されております。喫煙によるインプラントの失敗に関しましては当院で保障いたしませんので、禁煙をお勧めいたします。
  • インプラント代には、インプラント埋入手術(1次手術)とあたま出しの手術(2次手術)の費用が含まれますが、2次手術の際のセデーション代やかぶせ物の費用は別途かかりますのでご注意ください。

その他、ご不明な点はスタッフにお気軽にお尋ねください。