インプラントとは治療の流れ料金表院長紹介院長ブログ診療時間アクセスお問合せ・ご相談
インプラントとは
歯科関係者の方へ
インプラントとは 歯を抜けたままにしておくと インプラント、ブリッジ、入れ歯の比較 インプラント治療の流れ インプラント手術の痛み・麻酔について インプラントのデメリット 歯科用CT 医院・医師選びについて 特殊なインプラント治療 当院のインプラント治療の特長 よくある質問 インプラント料金表 診療時間アクセス 院長ブログ 吉野歯科医院 -オフィシャルサイト-

インプラントのデメリット

インプラントについては、現在様々な情報が氾濫しておりますが、基本的にインプラントのメリットばかりが強調され、デメリットについて詳しく説明されていないものも多く散見されます。
そこでこのページでは、インプラントのデメリットにスポットをあてて、説明していきます。
インプラント

どんなインプラントでも基本的に人工物にしか過ぎません。
結局、天然の歯にはかなわないということも事実です。
しかし、インプラントの欠点をおさえながらメンテナンスをしていけば、天然の歯と同等、あるいはそれ以上の機能を回復させることが可能といえます。

但し、インプラント治療には大きく分けて以下の4つの問題があります。
1:骨の問題
2:適切な歯磨きなどのメンテナンスをしなかった場合の問題
3:インプラントの噛み合わせが悪い場合に起こる問題
4:患者様の日常生活による問題
以下、順を追って説明していきます。

1:骨の問題

インプラントを埋入するあごの骨の質が軟らかすぎる場合、埋入後の安定が悪く、少し力をかけただけで、抜け落ちる場合があります。
その逆に、非常に硬い骨は、埋入後の安定性は良いが、インプラント周囲の血の巡りが悪くなることから、抜け落ちる場合があります。
(骨の量に関しては、レントゲン撮影後、CT検査等により、確認できますが、「質」に関しては実際に埋入する際に初めて、正確に把握できることが多いのです。)

2:適切な歯磨きなどのメンテナンスをしなかった場合の問題

インプラントを埋入した初期に、間違ったブラッシングを行うことで、感染してしまったり、噛めるようになってからも、ブラッシングがうまく出来ておらず、インプラント周囲に、常に細菌が溜まると、天然の歯の歯周病のように、感染してインプラントが抜け落ちる場合があります。
御自身の歯を歯周病で失われた方には、特に注意が必要です。
失うまでと同じ程度のブラッシングでは、再び感染する危険があります。
※インプラント自体は人工物なので、虫歯などに感染することはありませんが、天然歯と同じく、あごの骨が溶けてしまう歯周病を患うことがあります。
歯周病によりあごの骨が溶けてしまうと当然のことながらインプラントは抜けてしまいます。

3:インプラントの噛み合わせが悪い場合に起こる問題

埋入したインプラントに、人工の歯をつける際、噛み合わせを調整しますが、噛み合わせは常に一定なものではないので、天然歯と同様に定期的なチェックと調整が必要になってきます。

4:患者様の日常生活による問題

タバコとアルコール中毒、糖尿病、ヘビースモーカーでアルコール依存の傾向の方は、インプラント治療に失敗する確率が高くなります。